Sakagura museum

かけや酒蔵資料館

趣旨

日本の伝統文化の一つである日本酒醸造を、酒蔵の建造物としての趣きを保存しつつ伝承・紹介する施設。合わせて地域及び近隣の人々が集い・ふれあい、ふるさとの心と文化を培う空間作りの拠点を目指す。

酒蔵の歴史

慶応2年(1866年)
竹下家6代当主「理右衛門」が、当地方屈指の大地主田部家より、酒を醸造する権利「酒 座」を譲受け、酒造業を始める。
明治30年(1897年)
8代当主「儀 造」が、現在も残るこの酒蔵群を建造する。
昭和30年(1955年)
竹下酒造有限会社に法人登記される。
昭和54年(1979年)
株式会社 竹下本店に組織変更、現在に至る。
平成15年(2003年)
竹下本店より掛合町(現在の雲南市)に酒蔵群を建物寄付される。
平成17年(2005年)
1年半をかけた酒蔵群の改修工事が完成4月「かけや酒蔵資料館」としてオープン

施設案内

酒蔵群
17mもある大杉の梁(はり)を中心に自然の曲がり木を組み合わせた骨組を土壁で固めた造りで内部は吹き抜け構造になっており、、酒造りの工夫を凝らした築100年の歴史と風格を漂わせる「仕込蔵」や、仕込み水を流し込ませて心落ち着く音色を奏でる「水琴窟」などもあります。
醸造施設
実際の酒造りに使われている醸造施設の見学ができます。
展示室
大きな木桶、昔の道具類やパネル等で日本酒の文化に触れられる空間です。
映像紹介
ビデオ・DVDによる醸造工程、雲南市の紹介、竹下家の歴史等がご覧になれます。
試飲・物販
「純米酒」「酒蔵原酒」など各種日本酒の試飲ができます。また、日本酒をはじめ味噌・醤油などの地域特産品の販売を致しております。

ご利用案内

所在地
〒690-2701 島根県雲南市掛合町955-6
入場料
無料
開館時間
午前10時から午後4時
休館日
月曜日(祝祭日は除く)
お問合せ
TEL:0854-62-0008 FAX:0854-62-0118
交通アクセス
遠方から
近場から